Welcome Guest 
ナビゲーション
ホーム>
健康への貢献
遺伝子データベース


持続可能型社会への
貢献遺伝子データベース
メインメニュー
ログイン(登録用)
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
検索
Select Language
Counter: 307, today: 1, yesterday: 0

Abstract

(終了)
第2回 医療におけるゲノム解析担当者を育てるための実習を主とした講習会 2015

DNA配列の分析を行い、病気のかかりやすさや体質等の検査結果を消費者に直接提供する遺伝子解析サービス、いわゆる「遺伝子検査ビジネス」に世界各国の企業がしのぎを削っています。
2013年の経済産業省の調査によれば、日本国内ではおよそ700の企業・機関(内約600は医療機関)が、消費者向け遺伝子検査(DTC)サービス事業を立ち上げているとのことです。また、妊娠胎児の染色体数異常を調べる「母体血を用いた出生前遺伝学的検査」も、2015年現在、わが国の52施設において行われております。このようにこれからの日本の医療はゲノム情報の利用により大きく変わっていく可能性があります。今後、膨大なゲノム情報を的確に評価し、医療に貢献できる人材として、新しいタイプの「ゲノム解析担当者」の育成が望まれています。
長浜バイオ大学はバイオサイエンスに関する正しい科学的知識を持って医療に貢献する「臨床検査技師」養成のための、「臨床検査学プログラム」を本年度より開始しました。さらには、ゲノム解析も担当できるゲノム解析担当者を育成するために、各界の方々のご協力を頂き、最新の設備を使って、実習ができる新しいタイプの講習会を昨年度に引き続き実施いたします。
今回は、調製した染色体標本を顕微鏡観察する実習、コンピュータを使ってゲノム情報を取り出し解析を行う実習を行い、染色体とゲノムとの接続を初めての方からも理解していただけるようにしたいと考えております。さらに、医療を支える上で、これから一層重要になってくる臨床検査学の将来についての講演も予定しております。
医療に携わる方の他、理科教員、大学院生、大学生、高校生も含めてゲノム解析やゲノム検査に関心のある方々の参加を歓迎いたします。

● 日 時:2015年9月26日(土) 9時30分 〜 17時05分 (終了)

● 会 場:長浜バイオ大学 細胞実習室、情報実習室、及び 講義室
(パソコンは大学実習室に用意されています)

●参加費: 4,000円(お弁当含む)、 学生 1,000円(お弁当含む)

●定 員:60名(人数制限がありますので、先着順とさせていただきます。)

●申込み:メールで、長浜バイオ大学・上原(h_uehara@nagahama-i-bio.ac.jp)宛に 所属、氏名、メールアドレス、お電話番号、意見交換会のご出欠 をお知らせ願います。参加希望の方は、準備の都合上、9月20日(日)までにお申し込みください。

※意見交換会(17時10分〜18時40分):1,500円(酒類は出ません)
※白衣をご持参頂きますようお願い致します。
(白衣をお持ちでない方は、大学で準備致しますので申込時にお知らせ下さい。)
※その他、何かご要望等がございましたら自由にお知らせ願います。

<お問合せ先>
「ゲノム解析担当者講習会」準備委員会
〒526-0829 滋賀県長浜市田村町1266 長浜バイオ大学内
Tel:0749-64-8100(内129)上原 啓史 ⁄ Fax: 0749-64-8140
E-mail: h_uehara@nagahama-i-bio.ac.jp

<アクセス>
JRをご利用の場合:JR米原駅で北陸本線に乗り換え、田村駅下車1分
お車をご利用の場合:北陸自動車道長浜ICから15分
詳細は長浜バイオ大学HP(http://www.nagahama-i-bio.ac.jp/othe­rs/交通アクセス/)を御覧下さい。

<主催・後援・実行委員会>
主 催:長浜バイオ大学
後 援:日本臨床衛生検査技師会、日本人類遺伝学会、日本染色体遺伝子検査学会
講習会実行責任者:三輪正直(長浜バイオ大学 学長)
実行委員:奈良 篤樹、植月 太一、新蔵 礼子、高宮 脩、上原 啓史、小倉 淳、米澤 弘毅、塩生 真史、大島 一彦、白井 剛、永田 宏(長浜バイオ大学)、曽根 美智子(四国こどもとおとなの医療センター)、神山 誠(株・保健科学研究所)
顧 問:郷 通子(元お茶の水女子大学学長)、池村 淑道(長浜バイオ大学名誉教授)、(故)清水 信義(慶應義塾大学GSPセンター)

<プログラム> 
9:30〜9:35(命北館4階 中講義室5)
開会挨拶(三輪 正直)

9:40〜12:00  (命岳館2階 実験室3)
実習1−1「ヒト細胞とヒト染色体を見る(解説と実習)」
内容:細胞・染色体の説明と観察
担当:奈良 篤樹(長浜バイオ大学)、曽根 美智子(四国こどもとおとなの医療センター)

12:45〜13:45
実習1−2「ヒト細胞とヒト染色体を見る(解説と実習)」
内容:細胞・染色体の説明と観察
担当:奈良 篤樹(長浜バイオ大学)、曽根 美智子(四国こども
とおとなの医療センター)

14:00〜14:50 (命江館3階 情報実習室3)
実習2 「ゲノム情報をマイニングする〜染色体からゲノム解析へ」 その1
内容:ゲノム情報の解説と演習
担当:上原 啓史(長浜バイオ大学)

15:00〜15:50 (命江館3階 情報実習室3)
実習2 「ゲノム情報をマイニングする〜染色体からゲノム解析へ」 その2
内容:解説と実際のデータを用いた演習
担当:小倉 淳(長浜バイオ大学)

16:00〜17:00 (命北館4階 中講義室5)
講演:患者診療を支える臨床検査学の魅力と展望
講師:宮地 勇人(東海大学医学部基盤診療学系:臨床検査学 教授、2015年度日本遺伝子診療学会大会長)

17:00〜17:05
閉会挨拶(三輪 正直)

17:10〜18:40 (命江館1階 食 堂)
意見交換会